敏感肌でも肌へのダメージを抑えながらキレイに出来る脱毛

MENU

私の脱毛方法。巷の声。7

これまで脱毛は家庭用脱毛器などを使用していたのですが、たまに充電するのを忘れたり、旅行鞄に入れ忘れてしまって長期の旅行中にずっとむだ毛処理ができずに、海外でのリゾート地でのおしゃれや海を楽しめないなんていうこともあったので、今では家庭用脱毛器よりも脱毛クリームのほうにシフトしています。

 

脱毛クリームは特にヴィートのものを気に入って愛用しています。

 

脱毛クリームを使用するようになって、これまでむだ毛処理の時に感じていた肌のかさつきなど、乾燥する時期は肌にダメージを与えるかなと不安に感じていたこともありましたが、脱毛クリームだと無理に脱毛するのではないので、やはりそれだけ肌への負担も軽くなったような気がしています。

 

どうしてもダメージを肌に与えるとくすんだりするので、電気がなくてもそれこそ使えるという気軽なところが一番メリットを感じています。

 

ヴィートのものでは特に敏感肌用のものがあるのでそちらを利用しているのですが、どうしても肌に優しいとなるとその効果が薄れてしまうのではという印象もあったので、敏感肌用以外を使用したこともありました。

 

けれども、使用してみて意外にもそんなに脱毛する効果は普通タイプの変わりないので、どうせならそれは肌に優しいほうがいいので、敏感肌でなくてもそのタイプを使ってみています。

 

またお風呂でも脱毛クリームは使用できますが、脱毛クリームを塗布する前にほかのボディクリームやオイル成分の多い入浴剤などを使っていると、脱毛の効果が薄くなることもあるので、どうせなら入浴をする前に塗布をしたほうが一度で済むので効率がいいのではないでしょうか。

 

もちろん塗布したまま入浴はできませんが、脱毛クリームの時間をおいているあいだにヘッドスパをしたりマッサージなどすると、入浴の時間をフル活用できるので、脱毛クリームを使用するときは順番に気を遣うとスムーズにいくことができるので効率がアップします。

関連ページ

私が今の脱毛方法にたどり着いたわけとは…
脱毛は女性の永遠のテーマです。私もどんな脱毛法が良いのかずっと悩んでいました。私はどちらかといえば、毛は濃いほうなので定期的な脱毛は絶対に必要です。
絶対に肌を見せられなかった私が、今では堂々と出せるように!
ムダ毛の処理と言えば今では男性、女性共通の悩みとなっています。 特に、女性にとっては永遠のテーマですよね。
男性のヒゲと脱毛について
ムダ毛処理というものは女性がよくやっているものだというイメージがありますが、しかし男性でも最近はオシャレなどを気にして多くのムダ毛処理が流行になっているみたいですね。
試行錯誤の末、結局頼るは医療脱毛でした
貧乏生活が長かったため私は社会に出てからも脱毛サロンやクリニックに通うお金がもったいなく思えてしまって、長らくムダ毛は自己処理でごまかしてきました。
ヴィートナチュラルズという脱毛クリームを使用した感想
脇、足、腕という特定の部分のむだ毛が濃いのが悩みでした。そのため効率的にむだ毛処理をする必要があったのでもっとも手軽そうだった脱毛クリームを使ってみようと考えました。
ジレットフュージョンで脇の脱毛が快適です
私は現在、カミソリのジレットフュージョンで脇の脱毛をしています。脇の脱毛をしている理由は、脇毛が生えていると汗をかいたときに脇毛に臭いが残ってしまって嫌な臭いが出るからです。
脱毛サロンに通って手に入れた、ツルツルお肌。
私が脱毛に興味を持ち始めたのは、スカートを穿いた時に出る脚のムダ毛が目に付いた事がきっかけでした。しかし、最初はそこまで濃い毛というわけではなく、どちらかというと産毛のような薄い長い毛が気になっていました。
お風呂で使える脱毛クリームを利用しています
脱毛サロンのお世話になった事もありましたが、全身脱毛ではありませんし、現在も大半の箇所の脱毛が必要な状態になっています。