結局最後に頼ったのは医療脱毛

MENU

私の脱毛方法。巷の声。4

貧乏生活が長かったため私は社会に出てからも脱毛サロンやクリニックに通うお金がもったいなく思えてしまって、長らくムダ毛は自己処理でごまかしてきました。しかしカミソリや毛抜き、市販の脱毛クリームなどでの処理は肌に負担がかかるため、数々のトラブルに見舞われました。

 

特に20代後半に差し掛かったころから脚の皮膚がカミソリに負けるようになって真っ赤に腫れ上がったり赤いぶつぶつが出来たりしました。そうなるとしばらくはムダ毛処理ができないので、脚を露出しない服装で過ごさなければいけなくなります。年頃の女性なのに、おしゃれをしようにもバリエーションが楽しめなくなってしまいます。

 

それでも甘んじて自己処理を続けていましたが、彼氏が出来た時に脚を触られるのが恐怖に感じられるようになりました。逆なですると男性の髭のようにジョリジョリするのです。それはあまりにみっともないと思って、とうとうクリニックでの脱毛を決心しました。両膝下の施術が目的でしたが、両脇回数無制限のコースがとてもリーズナブルだったのでそちらも同時にお願いしました。まだそれぞれ一度ずつしか施術を受けていませんが、効果は感じられています。毛の本数が減り、生えている毛も細くなったようです。あと2回も通えばきっと気にならないくらいの毛量になると思います。

 

今悩んでいるのはVIOのケアです。自分でカミソリで外枠をそり落としたり、ハサミで長さを調節したりしてみましたが、満足のいく成果は得られていません。その昔花魁などの遊女たちは線香で焼き切っていたということなので私も試してみましたが、時間がかかりすぎる上、処理した後の手触りがゴワゴワしてあまり良い解決法とはいえません。

 

しかし、デリケートなゾーンにレーザーを当てることに対する恐怖と、人前で陰部を晒す恥ずかしさとが私の前に大きく立ちはだかっているのでなかなか決心がつきません。脚の施術の効果を見る限り、一度だけでも施術してもらえばきっと薄くなって見栄えも手触りもよくなるんだろうとは思います。

関連ページ

私が今の脱毛方法にたどり着いたわけとは…
脱毛は女性の永遠のテーマです。私もどんな脱毛法が良いのかずっと悩んでいました。私はどちらかといえば、毛は濃いほうなので定期的な脱毛は絶対に必要です。
絶対に肌を見せられなかった私が、今では堂々と出せるように!
ムダ毛の処理と言えば今では男性、女性共通の悩みとなっています。 特に、女性にとっては永遠のテーマですよね。
男性のヒゲと脱毛について
ムダ毛処理というものは女性がよくやっているものだというイメージがありますが、しかし男性でも最近はオシャレなどを気にして多くのムダ毛処理が流行になっているみたいですね。
ヴィートナチュラルズという脱毛クリームを使用した感想
脇、足、腕という特定の部分のむだ毛が濃いのが悩みでした。そのため効率的にむだ毛処理をする必要があったのでもっとも手軽そうだった脱毛クリームを使ってみようと考えました。
ジレットフュージョンで脇の脱毛が快適です
私は現在、カミソリのジレットフュージョンで脇の脱毛をしています。脇の脱毛をしている理由は、脇毛が生えていると汗をかいたときに脇毛に臭いが残ってしまって嫌な臭いが出るからです。
脱毛は敏感肌でも肌へのダメージを抑えながらキレイに出来る
これまで脱毛は家庭用脱毛器などを使用していたのですが、たまに充電するのを忘れたり、旅行鞄に入れ忘れてしまって長期の旅行中にずっとむだ毛処理ができずに、海外でのリゾート地でのおしゃれや海を楽しめない
脱毛サロンに通って手に入れた、ツルツルお肌。
私が脱毛に興味を持ち始めたのは、スカートを穿いた時に出る脚のムダ毛が目に付いた事がきっかけでした。しかし、最初はそこまで濃い毛というわけではなく、どちらかというと産毛のような薄い長い毛が気になっていました。
お風呂で使える脱毛クリームを利用しています
脱毛サロンのお世話になった事もありましたが、全身脱毛ではありませんし、現在も大半の箇所の脱毛が必要な状態になっています。